イケてる社長の思考

45歳で定年ってどう?

【45歳で定年ってどう?】
*メルマガ記事より転載です。
どーも澤井です。
昨日、めちゃ興味深いタイトル
の記事に目がいきました。
45歳定年制導入をコロナ後の変革でサントリー新浪氏
情報が少なすぎるので、
真意は分からへんけど、
サントリーの新浪社長によると、
「45歳定年制を敷いて
 会社に頼らない姿勢が必要だ」
ってことだそう。
で、コメント欄を見ると、
ほぼアンチコメントやし、
Twitterのトレンドにも
入っていて、
アンチコメント祭り
みたいな状態になってます。笑
一方、政府は?というと
真逆の考え方で
少子高齢化によって社会保障の
支え手が減ってきるので、
定年の年齢を引き上げろ!
と企業に働きかけとるみたいなんやけど、
サントリーの新浪社長さんの考えは、
というと、
社会経済を活性化し
新たな成長につなげるには、
従来型の雇用モデルから
脱却した活発な人材流動が必要
ってことらしいです。
あなたはどう感じた?
ぼく自身は、
新浪社長さんの意見が
ごもっともの大賛成です。
個人的な主観やし偏見
かもしれへんけど、
世の中の多くの人は、
勉強しなさ過ぎの知識不足
やと思うんです。
たとえば、
専門用語で、
『プロダクトライフサイクル』
っていう概念やねんけど、
どのような商品も、
世の中に出ると、
導入期
成長期
成熟期
衰退期
このような流れ
を辿ることになるんです。
長くなるので、
ここで詳しく解説はしませんが、
衰退期を迎える時期に
時代にマッチした新商品が
出現し、新たな成長曲線
導入期
成長期
成熟期
衰退期
を描くことになるんです。
たとえば、
僕たちがモロリアルで体験した、
ガラケーからスマホへの変化
がわかりやすいですかねー。
ガラケーが衰退期を迎えた時に
スマホが登場して導入期を迎え
新たな曲線を描き出した、
というイメージ。
ガラケーが出た当初は、
「本体」「通話料」ともに
クソ高かったじゃないっすか。
まだ、導入期で、多くの人は
「そんなん、ひとり一台
携帯電話なんかいらへんやろ」
と思ってたけど、
ある一定層の人は、
希少性に価値を感じて
購入しました。
で、じわじわと浸透しながら
多くの人がガラケーを持ち始めることに
ここで、一気に成長が加速します。
当時、王様であったドコモを筆頭に
のちのauとなる関西セルラーや
のちのソフトバンクとなるボーダフォン
が、しのぎを削りながら
市場が拡大してゆきます。
もう、この頃には
ひとり一台携帯電話を
持つのが当たり前となってます。
で、ある時を境に、
ビジネスで利用する市場
学生さんの市場
おじいちゃんおばあちゃんの市場
キッズ携帯の市場
これら、国内すべての市場に
商品が行き渡り
市場の拡大が、
頭打ちとなるんです。
ってことは、成長がストップする
ってことになるじゃないっすか。
ってことは、大手3つのキャリアの
収益も頭打ちになりますよねぇ。
けど、抜群のタイミングで
インターネットが普及し、
スマホが登場したのです。
ぼく自身は、アイフォン4
から使っているので、
スマホを使い出すのは
早いほうでしたが、
今では、おじいちゃん
おばあちゃんでも
スマホを使う時代に
なりましたよね。
ぼくのクライアント
さんに68歳のケアマネージャー
の方がおられるんやけど、
サンマルクに行くと、
スマホをポケットから
スッと取り出して、
電子マネーで決済し
楽天ポイントもちゃっかり
ためておられますよ。
しかも、
ワードプレスやnoteで記事を書いたり
自己アフィリもバンバンやって
おられるんです。
今だに、
俺はインターネット苦手やから無理!
とか、
ネットの世界は怖いからやだ!
と、シーラカンス見たいなこと
を言ってる人がおるけど、
時代の変化とともに、
人々も変化、進化してゆくのが
自然な流れなのです。
そして、
いつまでも過去にしがみついて
変化しようとしない人、
は、淘汰されるのです。
これ、日本の経済の恩恵を
受けながら暮らしている
僕たちも同じなんです。
日本は敗戦後、もの凄い勢いで
経済が成長しました。
団塊の世代や、その親御さんたちの
頑張りによって、「豊かさ」を手に
入れました。
まぁ、ものがない時代なので
出せばバンバン売れる確変の時代
ではありましたが、
先人たちのおかげで、
僕たちは生かされているのです。
が、ガラケーの市場が
頭打ちしちゃったのと同じで、
現代は、便利になりすぎて
ものが溢れてしまっているんです。
テレビ、洗濯機、炊飯器、化粧品
ファッション、食べ物、
などなど、
どれを選べばいいのか迷うほど
モノが溢れている時代です。
そんな時代にも関わらず、
少子高齢化によって、
母体となる市場そのものが
減っていっている状態。
ってことはですよ、
経済の成長そのものも
衰退してゆく、
なんてことはわかるじゃないですか。
この現状を理解した上で、
日本の現状を考えてみましょう。
超高齢化社会による
医療費問題
少子化による税収減
少子高齢化による
社会保障費負担の増大
経済成長がストップした
ことにより終身雇用制度の崩壊
書き出したらキリがないので
これくらいにしておくけど、
自分の労力を奉仕するだけで、
結婚して家族を持てて
マイホームやマイカーを買って
そこそこの老後生活ができて
墓場まで、乗せていってくれる
魔法の電車やレールなんてものは、
もう存在しない時代なんです。
バブルが崩壊する以前までは、
「一億総中流社会」
と言われていました。
が、今は
「一億総活躍社会」
と言われています。
ぼく的には、
一億総活躍ではなく
「一億総個人事業主」
の時代なんじゃね?
という感覚です。
表現を変えると、
国や会社に依存するのではなく
自分で経済活動しなきゃならん
ってことです。
自分の収入額=社会的経済価値
ですから。
人の価値観、考え方って
そうそう簡単に変わるもん
じゃないので、
受け入れがたい現実
かもしれんけど、
ダーウィンさんの残された言葉、
================
最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるのでもない
唯一生き残ることが出来るのは、
変化できる者である
================
が真理やと思うわー。マジで。
けど、
「あわわ〜どうしよ〜。><」
っと悲観視することはない、
と思うでー。
だって、インターネットがあるから
個人でも企業を食える時代やからね。
で、このメルマガでは、
ぼく自身の体験をシェアしながら
『個人で生きてくための方法』
を発信し続けてゆくので、
今後ともよろしくやで。
ほな、今日はここまで。
今日も最後まで読んでくれてありがとう!
感謝してます。
ではまた。^^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT ME
澤井 真一郎
家族とマーケティングが大好きな3人のちびっ子のパパ。子供が寝ているあいだに家をでて、眠ってから帰宅するライフスタイルってあなたの理想?そのような仕事と時間におわれ「なんとかやっていけてる」状態にいやけがさしているパパ社長のサポートに全力をあげている。「稼ぎつづける技術」を手にいれ「労働バカ」を卒業し仕事に育児に充実したライフスタイルを手に入れましょう!
自己破産から復活した方法を公開

「お金・時間・人間関係」
お悩みから一生解放される
方法を手に入れませんか?

「個の時代」を生き抜く
を五日間で習得できる
無料メルマガ配信中!

✅3年どころか半年先も今の収入をキープできてるか不安だ。
✅ジリ貧状態なのはわかってる。けど、なにすればいいの?
✅オレの本当にやりたいことって今の仕事じゃない気がする。
✅冒険することなくキャッシュフローの数を増やしたい。
✅すべてを失っても3ヶ月で月収100万稼げるスキルを手に入れたい。

どれか、ひとつでもあてはまるのでしたらぜひ、無料5日間メール講座にご登録ください。

今だけ、3大特典をプレゼント中!

【特典1】
『高確率で失敗する手をださないほうがいい3つの事業』がわかるPDFレポート
自己破産経験者だからこそわかる、絶対に手を出すべきではない3つのビジネスをお伝えします。
【特典2】
『将来的になくなる可能性がたかい業種・業態67選』をまとめたPDFレポート
人工知能のAIに奪われてなくなってしまう業種・業態がわかります。
【特典3】
『やりたいこと発見シート』
ワークシートに書き込むだけで、あなたの本当にやりたいことがわかっちゃいますよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください