言葉のマジック(自分の鏡でもある)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が発する言葉に対して、
価値観や波動が似かよった人たちが自然と吸い寄せられてくる。

人をけなしたりバカにするようなネガティブな発言をすると、
そのようなネタが好物な価値観の人たちが集まってくる。

人生すべてが学びだ!とプラスに捉えれる発言には、
やはり、前向きな思考の人たちが集まる。

だから、

発する言葉には責任をもって慎重に選ばなきゃならない。

ふと、そのような事を思いました。

と、同時にものすごく恥ずかしい気持ちになりました。

どうしてかというと、

これまでにネガティブでマイナスにしかならない発言を
したことがある自分に気がついたから。

名指しではないにしろ、自分とは価値観が相反する人に向けて
バカにしたり舐めたりしている的な表現でメッセージを送ってました。

正直このような、ネガティブな発言には
人の感情を刺激するパワーがあります。

だから、反応もいいんです。

で、コピーライティングのテクニックの一つに
”仮想の敵を作る”という技があるんです。

たとえば、

あなたが、毎日まいにち一生懸命はたらいても
なんとかやっていけるだけのお金しか稼ぐことができないのは、

あなたが、悪いのではありません。

真面目にコツコツと働いていれば神様がご褒美をくれる、
というような教えを信じて、親から子へと受け継がれている
まちがった価値観の擦り込み。

または、

勉強をがんばっていい会社に入ることが、勝ち組になるための
秘訣なんだよ。という人生の選択肢をたった一つに絞り込んで
可能性の芽をつみとってしまう、まちがった教育。

が、悪いのです。

・・・みたいな。

なので、自分の中では意図的に使っていたつもりでした。

が、それってただ「意図的だ」という
都合のいい理由をつけていただけで、

自我を押し付けてるだけじゃないのか?

楽しんでもらおうと思って
書いているのかもしれないけど、

そこには学びや気づき、
行動喚起に結びつくきっかけはあるのか?

その発言を聞くことで、お前が仲間だと思っている
誰かがイヤな気持ちになってないか?

というように、

突然カーッとこのような感情がめばえ
モーレツに反省したのであります。

はぁ、何が言いたいんだかさっぱり意味不明?

と思われたかもしれませんが、
これからは、もっと責任もって発言しないとな、
と心に強く誓ったのであります。

で、なぜこのような気づきを得ることができたのか?

というと、

ある人がフェイスブックで発している言葉を
みたぼく自身が、なんだかがっかりして
悲しい気持ちになったからです。

いつも前向きで行動派な方なので、
その人の投稿からはやる気や元気がもらえるんです。

で、ぼくの捉え方がいけないのかも知れませんが

ある時、人をバカにしている、と感じてしまう
発言をされていたんですわ。

人間なので、こういったネガティブな感情は
もって当然だ、ってことは理解しています。

しかし、ガッカリ度合いが半端なかった。

で、もしかして、これと同じ事を
おれもやっちゃてるんじゃないの?

と思ったんです。

だから、この記事をここまで読んでくれていて
以前のぼくの記事を読んでイヤな気持ちにさせてしまった
あなた様、

本当にごめんなさい。

で、イヤな気持ちにさせてしまった事、があるにもにもかかわらず、
この記事を読んでくれてありがとう。

以後、気をつけます。

たった一言で、価値観をがらっと変えちゃう
パワーを秘めている、

言葉のチカラってホントすごいですよね。

ではまた。^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*