ネット社会って便利なの?の意見のくいちがいで嫁とバトルしました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも、澤井です。

今日、昼メシの最中にせっかく作った
野菜たっぷり味噌ラーメンの麺がのびちゃう、
という事件が起きました。

というのも・・・

ぼくはテレビが大っ嫌いなので
ほとんど見ることがないのです。
(見るとバカな脳みそに洗脳されるので。)

が、我が家のリビングは1日中テレビがついているんです。

なので、ご飯たべたり家族との団欒の時間は
テレビからの情報が必然的に耳に入ってくる。

という環境で時間を過ごしています。

でね、お昼、家にいるときはいつも
バイキングという番組がついているんですわ。

まぁーくだらん番組です。

で、今日は家にいたので
その番組がついてました。

内容は今週あった話題のニュースみたいなことを
ランキング形式で紹介してました。

クソの役にも立たない一般の人のインタビューを
街のご意見番の声。と称して流したり

「おれはその分野の専門家だ!」と名乗っている
自称その分野の専門家らしき〇〇コンサルタントの方。
の意見を流したり

会ったこともない、
まったくの赤の他人のニュースをネタにして

コメンテーターやらゲストの人たちが、
各々の価値観をあたかも正しい意見のように
言いたい放題しゃべる、ってことをやってました。

で、言葉に出すと確実にバトルになるので

「なんで、こんなクソつまらんことに時間を割くんだ。」

と、お腹の中で思い、かなりイライラした気持ちで
野菜たっぷり味噌ラーメンを食べてたんですわ。

すると、話題が今もっともホットな
「9人の人間の命をほにゃららした」
という話題になったんです。

で、やったことは残虐だし猟奇的な凶悪事件である。

と、ぼくは思ってます。

が、「なぜ、自己防衛しなかった」という被害者側にも
大きな責任があるよな。

ってのがぼくの正直な意見です。

そもそも、今回のようなきっかっけで知り合った人に
のこのこと会いに行く、という考え方じたいがどうなのよ?と。

だから、すべて自己責任でしょ!

はいチャンチャン、おしまい。

ぼく自身は、こういった出来事に対して
これくらいの感覚で処理しちゃうのが普通なんです。

冷血漢と言われるかもしれませんが、

自分が考えて、どーにもならんこと、に
時間を割くことがものすごく嫌いなのです。

だってさ、

なんでこんな事件を起こしたんだろう?
どのような人物なの?
幼少期は?
家庭環境は?
人付き合いは?
これまでの経歴は?
もし、あのとき・・・

こんな情報を知ったり。

被害者はかわいそうにね

とか、

親御さんの気持ちは

とか、

加害者の身内も大変だね

とか、

どうすれば、このような事件を防げるのか?

みたいに、事件の経緯や背景、改善策について
うんうん唸りながら3日3晩寝ずに必死に
考えたとしても、どーにもならんでしょう。

ヒマを持て余しているおばさま達の
井戸端会議のネタ、にはなるかもしれないけど、

自分の人生にはプラスにならない。

てか、時間と思考をどーにもならんことに
使ったぶんだけマイナスになるんです。

どうしてかというと、

人の脳には1日に使える
パワーの量が決まっているから。

朝起きた時点でパワーは
満タンに充電されてます。

が、使えば、使うほど減っちゃう。

人が1日に5万回ほどする。

とされている”選択”をするたびに
パワーを必要とするんです。

だから、起きてトイレに行こうか水を飲もうか?

と迷っただけでも、パワーのメーターが
少しさがるんです。

なので、できるだけムダなパワーを
消費しないように自分で制御しなきゃならない。

だからこそ、エコのためにテレビを見ないんです。

で、前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。

========================
ネット社会って、便利な時代なの?怖い時代なの?
========================

という話になって、嫁と意見が分かれました。

嫁の意見は、

ネットが普及して便利になりすぎた
今の時代は怖い、と。

たとえば、

・個人情報がダダ漏れ
・それによって所在地がチョンバレ
・地球の裏側の人にリーチできるSNSが怖い
・なぜなら、凶悪なことに巻き込まれるかもしれないから
・なんでもメール一本で済ますのって変
・なぜなら、愛情を感じないから
・メールは便利、けど捉え方が人それぞれだから
・それがきっかけでラインでの集団イジメみたいなのがある
・とにかく、不特定多数の人に自由に関わることが
できる時代だから、不安な気持ちが強い

と、ネガティブな要素にフォーカスしているので
ものすごくマイナスなイメージを持っています。

で、ぼくの意見は真逆です。

・世界中のいろんな情報を知ることができる
・だから、たくさんの情報の中から、良い悪いを自分で選択できる
・情報発信を自由にできるから個人が大企業にも勝てる
・だから、ものすごくチャンスの時代だ
・1対多にアプローチできる
・しかも、24時間ほったらかしで!(アンビリーバボ)
・なーんもない無名の個人がビジネスで成功できる時代

まぁ、もっともっとたくさんありますが、
プラスなイメージしかありません。

で、確かにネットが普及したことによって
今回のような事件が起きてしまいました。

が、だからと言ってせっかくの可能性に
バリアーをはってブロックするのってどうなのかなーと。

たったひとつの毒のせいで、その1万倍くらいある恩恵を
すべてフイにする。ってのはもったいなさすぎです。

で、よくあるパターンが、

リアルでお会いした方としか
フェイスブック友達になりません。

みたいな。

趣味でならOKですが、ビジネスで
これいってる人は完全にアウトな部類です。

人に価値を提供してリターンを得る、
のがビジネスなのに、

価値提供するための人を入れないって
どうゆうことですか?ってこと。

SNSってトレンドどころか、スタンダードですので。

それに、代替え可能な、その他大勢的な生き方は、
この先すべてAIにのっとられちゃいます。

だからこそ、個人が情報発信して「自分の価値を高める」
ということをやらなきゃ本当にマジで生きのこれない。

で、ぼくたちは、めちゃくちゃラッキーで
産業革命から情報革命へと変化する時代を
リアルで体感することができました。

ぼくが、学生の頃なんてスキな子に電話かける
ってだけでものすごく苦労しました。

どうやって話そうか?
お父さんが出たらどうしよう?
そもそも電話番号わからんし

または、

デートする場合も、

デートコースを調べるために本屋に行きました。

キスの方法だって、ホットドックプレスを買って
イメージトレーニングしました。

ファッションも、メンズノンノやウィンドウショッピングで
学びました。

老舗料亭の料理人なんて、何年も皿洗いをしないと
美味しい味付けの方法を教えてもらえませんでした。

が、それらすべての情報が今は手の中です。

ポケットからスマホを出してグーグル先生に質問すれば、
ぜーんぶ(ほとんど)教えてもらえるのです。

5、6年ほど前には考えもつかなかったこと、
を今はあたり前にやっているのです。

でね、うちには小6と小3と4歳の子供がいます。

そして、ぼくたちとは違って、
この子たちにとって、

情報社会があたり前となります。

小学生組は、当然として、

4歳児ですら、スマホのロック番号ポチポチやって
解除してSiriに「アンパンマン まんが」とか言って
YouTubeを見たりしていますもん。

ぼくたちは、親や先生、テレビや本などからしか
情報を得ることができませんでした。

選択肢がものすごく少ないし、フィルターがかかった状態の
情報がほとんどだったため、「〇〇はこうなんだよ!」

というような、かたよった価値観を植え付けられました。

ですが、今の子供たちはちがいます。

情報を自分で選択して見る。

という行為が当然のスタンダードなのです。

なので、情報革命以前の時代を生きてきたぼくたちは
時代の変化に対応しなければなりません。

古いままだと、取り残されますので。

で、ここで意見が分かれるのです。

「昔の方がよかった」と言って、
あたらしい価値観を受け入れずに
未練タラタラ過去のやり方にこだわるのか。

または、

あたらしい価値観を受け入れて、
空へとつづく階段を駆け上がるのか。

ぼくは後者なんですが、

意外にアナログタイプの人が
多いんですよねー。

まぁ、他人なら無視すれば
いいだけなんですが、

近くにいる人と、この手の価値観
が合わない場合は、そこそこの
エネルギーを要するんです。

押し付けないように、
スリスリとすり寄ってく。

という高度なテクニックを要しますので。

と、言葉で書くのは簡単ですが
感情のコントロールがめちゃむずかしい。。

というお話でした。笑

あなたは、ネット社会の未来にワクワクする派?

それとも、怖い!と悲観視する派?

けどさぁ、時代が過去にさかのぼることなんて絶対に
ありえないんだから、あたらしい価値観を素直に受け入れて
楽しむのがいいんじゃね?

と、ぼくは思ってます。

ではまた。^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育てまっさいちゅうの経営者のための5日間メール講座

たった1つの「資格」「技術」にしがみつきながら
いつまで”コレで”飯くっていけるんだろう?
と、胃をキリキリさせながら眠れぬ日々をすごしている・・・

もしそうなら、食いっぱぐれの不安をふき飛ばす
個人が稼ぎ続けるための具体的な方法
完全無料で手に入れませんか?

このような方にオススメです。

✅10年後も今の収入(生活)をキープできてるか不安だ。
✅ジリ貧状態なのはわかってる。けど、なにすればいいの?
✅オレの本当にやりたいことって今の仕事じゃない気がする。
✅冒険することなくキャッシュフローの数を増やしたい。
✅じぶんが主導権をにぎったビジネスを展開したい。
✅我が子に稼ぎ方をレクチャーできる父親になりたい。
✅たとえすべてを失ったとしてもお金をかけずに、
1からビジネスを作れるスキームを手に入れたい。

どれか、ひとつでもあてはまるのでしたら
ぜひ、完全無料の5日間メール講座にご登録ください。

今なら先着100名様に限り3大特典をプレゼント中!

5日間無料メール講座はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*