非常識な常識、オリジナルじゃなくパクるのが基本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告を出すときにもっとも重要なことは、

キャッチ、ヘッダー、見出しなどと言われる
見込み客が最初に目にする部分に全神経を
集中させて、とにかく目をひくことです。

どうしてかと言うと、

みた瞬間に「お、これは!」と
感じてもらうことができなければ、
100%ゴミ箱直行だからです。

なので、広告を出す場合は
つかみがめちゃくちゃ重要となります。

だからといって、

今までどこにもなかったような
画期的なアイデアを毎回
思いつかなければならないのか?

というと、決してそうじゃないんです。

どうすればいいのか?というと、

これまでに反応が
良かったものをパクるのです。

「え?」と感じたかも知れませんが
コピーライティングの世界では、

カンニングOK

つまり、パクリがスタンダード(常識)なのです。

と言っても、一字一句まねすると
法律違反になるので、丸パクリではなく
「型」をパクるのです。

で、わかりやすいパクリ広告を発見したので
シェアしたってわけ。

まずは、添付画像のスピードラーニングの
キャッチ部分をご覧下さい。

 

 

------------
街頭で聞くと、ほとんどの人が
「スピードラーニングはうさんくさい!」
と言いました。ところが
試しに聞いてもらったら・・・
------------

このようにかかれているのですが、
この流れって、コピーライティングを
勉強している人なら、

「はいはい、あのお方のコピーの
パクリなのですね。」

と、一瞬で判断できるほど、

実は伝説的に有名な
コピーの型をパクって書かれたものなのです。

で、もう1枚の画像のキャッチを見てみると、

 

 

------------
カーペットを通販で買ったら夫が小バカに。
でも50%お得だと知ると・・・
(ジョン・ケープルズ著、ザ・コピーライティング
P19より引用)
------------

このように書かれています。

この広告のキャッチも同じ型をパクってるので
上のモノとまったく流れは同じですよね。

で、原型はというと、

アメリカのジョン・ケープルズという
コピーライターが書いた

------------
私がピアノの前に座るとみんなが笑いました。
でも弾き始めると・・・
------------

というものです。

60年以上も前に、アメリカの音楽学校の
通信講座のために書かれたコピーなのですが、

反応がいいので、60年たった今も
いろいろな広告にこの型が使われているのです。

ということで、コピーライティングは
パクリOKの世界なのだ!

ってことをご理解頂けた
のではないでしょうか?

だから、スワイプと言って、

いかに、反応が良いとされる型
をストックできるか?が、

キャッチの善し悪しを左右する、
と言いきっても過言ではないのです。

なので、ぼくも6年くらい前から
めちゃくちゃストックしまくってます。

型を集めればあつめるほど、
打ち手(武器)が増えますので。

ですので、広告を書く機会があるあなたは、
是非ともじゃんじゃんパクって見ること、
をおすすめしますよ。

ウンウンとうなって考えたオリジナルよりも
確実に反応が取れると思いますから。

ではまた。(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育てまっさいちゅうの経営者のための5日間メール講座

たった1つの「資格」「技術」にしがみつきながら
いつまで”コレで”飯くっていけるんだろう?
と、胃をキリキリさせながら眠れぬ日々をすごしている・・・

もしそうなら、食いっぱぐれの不安をふき飛ばす
個人が稼ぎ続けるための具体的な方法
完全無料で手に入れませんか?

このような方にオススメです。

✅10年後も今の収入(生活)をキープできてるか不安だ。
✅ジリ貧状態なのはわかってる。けど、なにすればいいの?
✅オレの本当にやりたいことって今の仕事じゃない気がする。
✅冒険することなくキャッシュフローの数を増やしたい。
✅じぶんが主導権をにぎったビジネスを展開したい。
✅我が子に稼ぎ方をレクチャーできる父親になりたい。
✅たとえすべてを失ったとしてもお金をかけずに、
1からビジネスを作れるスキームを手に入れたい。

どれか、ひとつでもあてはまるのでしたら
ぜひ、完全無料の5日間メール講座にご登録ください。

今なら先着100名様に限り3大特典をプレゼント中!

5日間無料メール講座はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください